スパイ容疑の華為社員解雇、関与否定

【北京共同】中国の通信機器大手、華為技術(深セン市、ファーウェイ)は12日、ポーランド当局にスパイ行為の疑いで逮捕された中国人社員について「ファーウェイの名声を傷つけた」として解雇を決定したと発表した。社員の嫌疑は「会社とは無関係」とし、関与を否定した。 対外イ…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: IT・通信社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(15:49)

アジア太平洋のM&A、新型肺炎で活性化へ(17:15)

新型肺炎の死者2592人、感染者7万7150人(16:11)

バンドン高速鉄道、肺炎影響に異なる見解(18:05)

企業の中国工場、操業再開も苦境(15:34)

医療ラッフルズ、19年は増収減益(15:04)

自動車ショーの出展数が倍増 現地生産モデルが台頭、中国車も(02/24)

経済開発帯の創設を歓迎=瀾滄江メコン会議(02/24)

テイクオフ:今日も朝から聞こえる、…(02/24)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(23日正午) イタリアで2人の死者、強まる日本への警戒(02/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン