• 印刷する

日産、22年までに「電動車」フルラインアップ

日産自動車は10日、2022年までにシンガポールで「電動車」をフルラインアップでそろえると発表した。13日まで4日間にわたり開催された「シンガポール・モーターショー2019」に合わせて明らかにしたもの。

日産は、22年度までに電動車の世界販売台数を現在比で約6倍の年100万台に引き上げる目標を掲げている。今回の発表内容はこの販売戦略の一環。電動車には、世界的に販売が好調な電気自動車(EV)「リーフ」や、独自のハイブリッド技術「eパワー」を搭載した主力ミニバン「セレナeパワー」などが含まれる。

リーフは今年4~6月期にシンガポールで販売を開始する予定で、モーターショーの会場で先行予約の受け付けを実施。セレナeパワーは、今年下半期(7~12月)に同国で発売する。日本を除くアジア・太平洋地域でセレナeパワーを販売するのはシンガポールが初となる。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポール随一の観光…(01/24)

12月のCPI上昇率は0.5% 18年通年は2年連続プラス(01/24)

家電ダイソン、本社を英国から移転へ(01/24)

トレンドマイクロ、AMEA統括本部開所(01/24)

クラーク空港運営、JGなどの連合が契約(01/24)

AIガバナンスの枠組み公表、ダボス会議で(01/24)

中小企業、サイバーセキュリティーを軽視(01/24)

クールジャパン機構、JFTDの株式譲渡(01/24)

フィンハイ、シンガのファンドから出資(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン