駐在員住宅市場、今年も低調 外国人駐在員数減少で需要低迷

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・インドネシアは、ジャカルタの外国人駐在員向け住宅市場について、低調な状態が続いており、今年もこの傾向は変わらないとの見通しを示した。駐在員数の減少による住宅需要低迷が背景にあり、特に駐在員向け一戸建て住宅で…

関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…(07/23)

UAE企業が投資拡大へ 石化など3案件に90億ドル(07/23)

仁宝、インドネシアへの投資を検討(07/23)

東風小康汽車、現地生産車の輸出拡大へ(07/23)

AD措置を正式決定、日欧などのステンレス(07/23)

バンドン高速鉄道、首都―カラワンが15分(07/23)

台湾EMSコンパル、製造拠点の設置に関心(07/23)

米エクソン、下流事業に多額投資を準備(07/23)

銀行から保険料徴収へ、破綻のリスク回避(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン