• 印刷する

シドニー4Q一戸建て賃料、12年ぶりに下落

オーストラリア・シドニーで、昨年第4四半期(10~12月)の一戸建ての提示住宅賃料中間値が、1週間当たり540豪ドル(約4万2,000円)と前年同月から1.8%下落となり、12年ぶりに下がったことが不動産情報サイトのドメインの調べで分かった。ドメインは今年も賃貸住宅供給が拡大するとみており、シドニーの賃料下落がさらに加速するとみている。10日付シドニー・モーニング・ヘラルドが報じた。

ドメインの上級アナリストを務めるパウエル氏は「供給拡大により借り手市場になる。貸し手は良い借り手を維持しようと考えるため、借り手は賃貸期間などで交渉を有利に進めることができる」と指摘し、賃料の引き下げも可能になるとしている。パウエル氏によれば、一戸建て賃料は2016年の水準に戻ったことを意味しているとしている。

一方、集合住宅の提示住宅賃料は、同期の提示価格が1週間当たり530豪ドルとなり、前年同期比2.8%下落となった。

国内で一戸建ての提示賃料中間値が最も高かったのはキャンベラで、同3.7%上昇の560豪ドルだった。集合住宅では、シドニーの賃料が最も高く、キャンベラ(465豪ドル:8.1%上昇)とメルボルン(410豪ドル:2.5%上昇)が続いた。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日本式の生産管理を導入…(04/18)

日本ペイント、豪大手買収 豪NZ展開で収益源多様化(04/18)

RBA、失業率悪化と低インフレで利下げか(04/18)

労働党、不当廉売規制強化で緊急関税も(04/18)

豪、海外への資金振替が8%と急上昇(04/18)

豪税当局とグレンコア、秘匿特権巡り係争(04/18)

豪産ワギュウの農場、香港に月2500キロ輸出(04/18)

リオ・ティント、鉄鉱石輸出量を下方修正(04/18)

AGL、SAの銅鉱に水力発電所建設計画(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン