• 印刷する

PALがアジア直行便増強、北米行きハブへ

フィリピン航空(PAL)は、マニラを東南アジア、南アジアと北米を結ぶハブにするため、アジア直行便を増強する。ベトナム・ハノイ便を3月31日、カンボジア・プノンペン便を4月1日に就航するほか、インド・ニューデリー便を4月に再開する。米国行きの直行便も増強する。

ハイメ・バウティスタ社長が8日の会見で明らかにした。ハノイ便の使用機材はエアバス「A320」(総座席数156席)で週4便、プノンペン便は同「A321」(199席)を週5便運航する。ハノイ便を就航した後も、同国ホーチミン便は、現在と同じ週8便運航する。ニューデリー便には同「A321」(168席)を使用する予定。インド当局の許可が下り次第、2013年以来となる同路線を再開する。4月第2週の就航を目指している。

バウティスタ氏は「マニラは、北米と東南アジア、南アジアの都市を結ぶ位置にある」と指摘。地理条件を生かし、マニラをハブにする考えを示した。同社は現在、米ニューヨークやサンフランシスコ、ロサンゼルス、カナダ・バンクーバーなど北米の6都市とマニラをつなぐ直行便を週43便運航している。北米路線は、既存路線の便を増強するほか、シアトルやシカゴなど新たな都市への乗り入れも検討する。このほか、初のイスラエル直行便となるマニラ―テルアビブ便の就航も計画しているという。

同氏はまた、PALの株式の一部を売却する戦略的提携先との交渉を6月末までにまとめたい意向を示した。交渉先の社名は明らかにしていないが、海外の企業で、外資規制により株式の売却は最大40%となる。


関連国・地域: ベトナムカンボジアフィリピンインド米国
関連業種: 金融運輸

その他記事

すべての文頭を開く

クラーク再開発、データランドが参画協議(02/15)

【EV化に挑む】日系の電動三輪がゆく(上) 政府事業の3千台、ついに完納へ(02/15)

メトロパシ、カビテに国内最大級の配送ハブ(02/15)

メトロパシの高速道会社、政府保有株売却へ(02/15)

首都圏統合駅の建設、3工区全て地場と契約(02/15)

米シールドエアー、地場の軟包装事業を買収(02/15)

グーグルが無料ワイファイ、PLDTと協業(02/15)

14日為替:$1=52.380ペソ(↓)(02/15)

太陽光発電揚水の導入でイスラエル社と交渉(02/15)

台湾政府、今年の比人観光客50万人目標(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン