• 印刷する

《日系進出》介護コンサルのスターがリハビリ施設

リハビリステーションの開所式であいさつする飯田氏=7日、バンコク(NNA撮影)

リハビリステーションの開所式であいさつする飯田氏=7日、バンコク(NNA撮影)

介護経営コンサルティング事業を展開するスターパートナーズ(東京都品川区)は7日、タイの首都バンコクで脳梗塞や認知症患者向けのリハビリステーションを開業した。同社が海外に進出するのは初めて。高齢化が進むタイの中高所得層や外国人富裕層のリハビリ需要を取り込む狙い。初年度は約220人へのサービス提供を目指す。

バンコク東部のフアマーク地区にあるセレン病院の2階で、「脳梗塞・認知症リハビリテーションBANGKOK」を開業した。ステーションの面積は約200平方メートル。タイの理学療法士2人、ヘルパー1人に加え、日本の理学療法士や作業療法士が施術、指導を行う。

脳梗塞や認知症を抱える患者が自力で食事をするなどの日常生活を送れるようにするため、脳の働きを回復させるトレーニングを行う。営業は月~金曜日で、1日5~6人の対応が可能。料金は日本で受けるサービスの半額の水準になるという。

事業の開始に先立ち、スターパートナーズ、認知症向けリハビリサービスなどを行うアジアン・アグリケア・サポート(山口県周南市)、タイのコンサルティング会社Sピーサラーで合弁会社、ジャパン・ケア・アンド・メディカルを設立。日本側が49%、タイ側が51%を出資した。アジアン・アグリケア・サポートも海外への進出は初めてで、アジアの中でも医療が発達しており、急速に高齢化が進むタイで需要を取り込む狙い。

ジャパン・ケア・アンド・メディカルの共同代表を務める飯田光孝氏(Sピーサラー代表)によると、タイでは高齢者の疾患として多い脳梗塞や認知症の患者向けのリハビリ施設が少なく、患者は自宅で寝たきり状態で、症状を改善する機会が与えられていないケースが多いという。スターパートナーズは福岡県、山口県で脳梗塞専門のリハビリ施設を運営しており、日本で培った事業の運営ノウハウをタイで生かしていく方針だ。将来はデイケアサービスの展開も計画している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

三菱電機、18年度8%増収へ 省エネエアコン強化で首位固め(01/18)

物流ギオン、海外初拠点を開設(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

タイ国鉄、複線化事業に向け1900人増員(01/18)

ビルダースマート、建材7割で年商34億円へ(01/18)

不動産ライモン、不妊治療サービスに参入(01/18)

タイEC市場、今年は11兆円規模=ETDA(01/18)

セントラル小売部門、EC販売を2倍に(01/18)

セブンイレブン、社会保険の加入手続き代行(01/18)

18年1~11月の宝飾品輸出7%減、金が不調(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン