• 印刷する

テイクオフ:私はタイ人だが、顔つき…

私はタイ人だが、顔つきからよく中国人に間違われる。だから観光地などでは、タイ人と外国人がいかに違った待遇を受けるかを思い知らされる。

ある時、友人たちと有名な中華料理店に行った。購買力のある中国人をターゲットにした高級店とされていて、事実、大勢の中国人観光客でにぎわっていた。ようやく店に入る順番が来ると、係員が丁重にワイ(タイ式おじぎ)をして「何名様ですか」と英語で聞いてきた。中国人に間違われたと分かったので、タイ語で自分たちはタイ人だと言うと、とたんに表情が曇り「その服装では入れません」。別の店への移動を強いられた。

確かに、われわれはラフなシャツにズボンだった。だが、中国人たちもよく似た服装で、下着のシャツに短パンの人もいた。商売で外国人を重視したい気は分かるが、服装規定は平等に適用すべきだろう。(ピ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マツモトキヨシ、香港に現地法人(07/17)

日新電機が越3割増産、装置部品で域内分担(07/17)

テイクオフ:昨年来バンコクでは子連…(07/15)

飛騨牛革や靴、越売り込みへ 日本の中小、拡大する市場に挑戦(07/15)

日系リユース店がタイで盛況 低価格・高品質、廃棄減に貢献も(07/15)

無印良品、サムヤンミットタウンに出店へ(07/15)

全日空、バンコク―東京線が就航30周年(07/15)

ASUSのゲーミングPC、東南アで首位(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン