• 印刷する

20年総統選世論調査、柯台北市長の支持厚く

27日付聯合報は、2020年の次期総統選への出馬が予想される有力候補者についての世論調査の結果を発表した。調査では、柯文哲・台北市長が出馬した場合、民主進歩党(民進党)と国民党の調査対象となった候補者の支持率を上回る結果となった。

調査対象となった候補者は、無所属の柯台北市長、民進党では蔡英文総統と頼清徳・行政院長(首相)、国民党では呉敦義主席(党首)、朱立倫・前新北市長、馬英九前総統、王金平・前立法院長(国会議長)、張善政・元行政院長。調査は12月21~24日に有権者1,186人を対象に行われた。

柯台北市長が出馬した場合の支持率は、蔡総統と呉主席がそれぞれの政党の公認候補者となった場合に最も高い54%となった。この場合の蔡総統と呉主席の支持率はそれぞれ14%と12%だった。一方、頼行政院長と朱前新北市長が対立候補者となった場合は、柯台北市長の支持率は41%と最も低い数値となった。柯台北市長は40歳以下から7割以上の支持を受けるほか、中立的な見方の民進党・国民党の各支援者の支持を集めているとみられる。

柯台北市長が出馬しない場合、蔡総統の支持率は対立候補が呉主席だった時のみ国民党の候補者を上回った。一方、頼行政院長の支持率は、朱前台北市長が出馬したときを除いて、国民党の候補者を軒並み上回った。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所のかき氷店はガイド…(11/14)

10年で洋上風力10GW拡大へ 総統が新方針、来年1Qに詳細(11/14)

中華電信、7月に5Gサービス開始(11/14)

光群雷、20年は印やアフリカ展開を強化(11/14)

TSMCの3ナノ工場、20年着工へ(11/14)

半導体商社の大聯大、同業の文曄にTOB(11/14)

三菱ケミカル、台湾3社統合で新会社設立(11/14)

中油、モバイル決済「中油ペイ」開始(11/14)

声宝の台南新工場、20年3Qに量産開始(11/14)

宏全国際、フィリピンに新工場計画(11/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン