• 印刷する

《知財》知財侵害の貿易貨物、300万件押収

中国税関総署は25日、国内企業の知的財産権を侵害した疑いのある貿易貨物に対する全国取締運動で、309万件の貨物を押収したことを明らかにした。総額6,114万元(約9億8,000万円)相当に上る。科技日報系ニュースサイトの中国科技網が伝えた。

「竜騰行動2018」と名付けられた同運動は、知財競争力の高い国内企業の権利を守ることを目的とし、4カ月にわたり全国で展開された。竜騰行動の実施は2年連続で、今年の摘発案件数は昨年を52.2%上回る385件。このうち8.8%に当たる34件が特許侵害に関するものだった。

税関総署によると、昨年と今年の竜騰行動によって防いだ企業の直接的な経済損失は計1億6,000万元。税関の主導で国内数十社の有力輸出企業による知財保護のための連絡組織も発足しており、一連の運動は輸出企業の知財活動活性化に貢献しているという。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コービー・ブライアント…(10/14)

中国訪台規制、影響が鮮明化 国慶節効果なく、リストラ続出も(10/14)

1~8月の投資認可額46%増、中国が3割超(10/14)

米中が貿易協議で部分合意 15日の関税引き上げ凍結(10/14)

小米出資の家電3社、日本市場へ進出(10/14)

経済交流や印企業の投資拡大、中印首脳会談(10/14)

安川電機の純利益66%減、米中貿易摩擦が影響(10/14)

集中暖房で石炭使用も容認、李首相(10/14)

AD調査を半年延長、日台の工作機械(10/14)

運用資産残高、今後5年は伸び鈍化の予測(10/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン