半導体装置が4年ぶり減へ、米中摩擦が波及か

【共同】世界の半導体製造装置の販売額は2019年に4年ぶりに減少へ転じる見通しだ。韓国や中国の半導体メーカーが設備投資を控えているためで、米中摩擦の影響を指摘する声もある。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る米中対立の先鋭化を背景に日本の半導体産業に…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台北駅地下の台北地下街…(07/23)

【日本の税務】現地スタッフ人事評価ポイント(07/23)

上期輸出受注が7%減に 米中摩擦響く、8カ月連続減(07/23)

韓国企業、格付け軒並み悪化 輸出規制強化で先行きも不安(07/23)

アサヒが豪ビール買収、日欧豪軸に海外展開加速(07/23)

JCBがデビットカード発行 8行で、海外決済の需要増に期待(07/23)

APホンダ、LINEとコラボの二輪発売(07/23)

大阪ガスが地場AGPに出資、LNG事業強化(07/23)

スズキの四輪販売再開か、ベルジャヤが模索(07/23)

韓国与党「経済侵略本格化」と批判(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン