半導体装置が4年ぶり減へ、米中摩擦が波及か

【共同】世界の半導体製造装置の販売額は2019年に4年ぶりに減少へ転じる見通しだ。韓国や中国の半導体メーカーが設備投資を控えているためで、米中摩擦の影響を指摘する声もある。中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)を巡る米中対立の先鋭化を背景に日本の半導体産業に…

関連国・地域: 日本
関連業種: 電機その他製造


その他記事

すべての文頭を開く

関西電力、帝人のタイ工場向けに熱電供給(02/22)

水産物に特化した初の商談会 ジェトロ、生がきなど紹介(02/22)

トヨタ中古店で「新車」販売 スリランカ、日本製が人気(02/22)

フーデックスで日本輸出増へ 台湾の出展、過去最大規模に(02/22)

製造や人材活用で新たな動き 注目浴びるミ島の潜在力(中)(02/22)

サムスン、折り畳みスマホ発表 大手では初、4月に発売へ(02/22)

テイクオフ:韓国の街を歩いてみれば…(02/22)

パティンバン港を経済特区へ 西ジャワ州、東部に産業地を提案(02/22)

電通、デジタルマーケティングの地場企業買収(02/22)

日比協力インフラ合同委、大阪で第7回開催(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン