• 印刷する

11月空港利用者、ドンムアンが6年ぶり減少

タイ空港公社(AOT)が24日までに発表した国内主要6空港の11月の利用者数は、前年同月比1.8%増の1,153万人だった。ドンムアン空港が6年5カ月ぶりに減少するなど、全体的に伸び悩んだ。

空港別では、主に格安航空会社(LCC)が利用するドンムアン空港が前年同月比0.7%減の327万人。2011年の大洪水の影響で旅行者が減少していた12年6月以来、初めてマイナスとなった。ドンムアンの国際線利用者は年初から6月まで2桁の成長を維持していたが、7月に南部で起きた中国人旅行者を乗せたボートの転覆事故を受け、伸びは1桁に低迷。11月は0.2%増にとどまった。

スワンナプーム空港は、2.7%増の527万人。国際線は1.0%増とほぼ横ばいだった一方、国内線が約1年ぶりに2桁成長に回復した。

北部のチェンマイ空港は、6.7%増の98万人。国際線が20.6%増と伸長し、4カ月ぶりに全体で90万人を超えた。一方チェンライ空港は、9.8%増の26万人と、今年初めて伸び率が1桁にとどまった。チェンライは中国人旅行者に人気の旅先で、国際線は年初から6月まで約3倍の成長を続けていたが、7月以降は伸び率が鈍化。11月は17.7%増にとどまった。

南部のプーケット空港は0.8%増の142万人。国内線は5カ月連続でマイナスだったものの、国際線がわずかに回復し、全体で4カ月ぶりにプラスに転じた。ハジャイ空港は2.8%減の34万人で、2カ月ぶりにマイナスとなった。

6空港の発着回数は5.9%増の7万3,754回。国際線が7.5%増の3万9,276回で、国内線は4.1%増の3万4,478回だった。

貨物量は3.6%減の14万1,903トンで、3カ月ぶりに減少。国際線が2.7%減の13万5,353トンと今年初めて減少し、国内線も18.5%減の6,550トンと落ち込んだ。


関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

オレンジライン、3月に落札者決定見通し(15:35)

サイアムバイオ、ワクチン生産の批判に声明(15:16)

テイクオフ:タイでは原則禁止されて…(01/26)

新車販売、21%減の79万台 21年は回復もコロナ前下回る予想(01/26)

【日本の税務】健康保険の療養費申請について(01/26)

2020年12月のタイの新車販売台数(表)(01/26)

市中感染177人、死者2人(25日)(01/26)

10~12月期のコメ輸出、中国向けが7割超(01/26)

首都モノレール2路線、7月の試験運行延期(01/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン