• 印刷する

主要空港の旅客数、18年は1000万人突破

カンボジアの空港運営会社カンボジア・エアポーツは19日、2018年の主要国際空港3カ所の利用者が初めて1,000万人を突破したと発表した。沿岸地域の観光開発が進んだほか、ビジネス需要も増えたことが全体を押し上げた。

同日には終日にわたり、到着便の搭乗客に一輪の花を贈呈するなどして祝った。エリック・デロベル最高経営責任者(CEO)は「旅客数は過去5年で倍増した。親会社であり、世界で空港運営を手掛けるフランスのヴァンシ・エアポーツと協力して相乗効果を図っていく」と述べた。

カンボジア・エアポーツは、プノンペン国際空港、シエムレアプ国際空港、シアヌークビル国際空港を運営している。17年の主要3空港の旅客数は約880万人だった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【後発国の挑戦】外資100%出資、効果に限界 ゆがむ成長(1)投資判断どこで(06/19)

石油管理法案、国会で可決(06/19)

ロイヤル、シアヌークビル州に発電所建設へ(06/19)

ファーウェイ、独自OSの商標登録申請(06/19)

タイとのQRコード決済、3行が主導(06/19)

オリンピア・シティーの高架歩道、今週開通(06/19)

アパレルの儒鴻、東南アジアで生産能力拡大へ(06/19)

カンボジア投資のファンド業者に処分勧告(06/19)

ARB、カンボジア損保のシステム構築へ(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン