• 印刷する

主要空港の旅客数、18年は1000万人突破

カンボジアの空港運営会社カンボジア・エアポーツは19日、2018年の主要国際空港3カ所の利用者が初めて1,000万人を突破したと発表した。沿岸地域の観光開発が進んだほか、ビジネス需要も増えたことが全体を押し上げた。

同日には終日にわたり、到着便の搭乗客に一輪の花を贈呈するなどして祝った。エリック・デロベル最高経営責任者(CEO)は「旅客数は過去5年で倍増した。親会社であり、世界で空港運営を手掛けるフランスのヴァンシ・エアポーツと協力して相乗効果を図っていく」と述べた。

カンボジア・エアポーツは、プノンペン国際空港、シエムレアプ国際空港、シアヌークビル国際空港を運営している。17年の主要3空港の旅客数は約880万人だった。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

プノンペン特区社が新会社 SEZ開発加速、非土地販売も強化(02/18)

プノンペン特区社、18年通期は純利益3倍へ(02/18)

三井住友建設、教員養成大学の建設受注(02/18)

首相、EU制裁でも「影響は軽微」(02/18)

米が元野党党首の解放要求、外務省が反論(02/18)

財閥ロイヤル、都心で国内最高層ビルに着工(02/18)

中小企業への税優遇、申請要件に不満(02/18)

対越貿易拡大へ、複数品目の関税撤廃で合意(02/18)

政府、首都空港に駐機場増設を要求(02/18)

電子通貨を不正利用 伊豆大島の宿泊事業者(02/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン