• 印刷する

タイLCCノックスクート、デリーに就航

タイの格安航空会社(LCC)ノックスクート・エアラインズは19日、同国の首都バンコク(ドンムアン空港)とインドの首都ニューデリーを結ぶ直行便の運航を開始した。ビジネス・ライン(電子版)によると、インドとタイが週6,300席の運航枠の追加で合意したことを受けた措置で、週4便を運航する。

運航スケジュールは、ニューデリー発が毎週月、水、金、土曜日の午前2時55分発、同8時15分着。バンコク発は毎週火、木、金、日曜日の午後10時35分発、翌日午前1時15分着となる。

ノックスクートは、タイLCCノック・エアラインズとシンガポール航空傘下のLCCスクートの合弁会社。来年にはインドの別の都市に就航する方針を示しているが、乗り入れ先や時期は現時点で明らかにしていない。


関連国・地域: タイインド
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドと日本がロケ地と…(07/16)

太陽光事業を融資可能に 印主導ISA、途上国に電力を(07/16)

国営バーラト、火発公社から太陽光事業受注(07/16)

太陽光KSL、電動車両に20億ルピー投資へ(07/16)

タイヤ大手シート、生産拡大に350億ルピー(07/16)

全列車の位置情報、GPSで把握可能に(07/16)

ジェット、資金運用に「組織的な不正」疑い(07/16)

テレビパネルの関税、韓国LGが撤廃を要望(07/16)

香港PCネクストゴー、専売店を50店設置へ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン