• 印刷する

首都交通、ナンバー規制の延長を政府に提案

インドネシア運輸省所管のジャカルタ首都圏交通機構(BPTJ)のバンバン長官は、道路料金自動徴収システム(ERP)の導入準備が整っていないことを主な理由に、ジャカルタの主要道路で実施している、車両ナンバープレート末尾の偶数奇数による通行規制を、来年の不特定の時期まで延長するよう州政府に提案した。15日付ビスニス・インドネシアが伝えた。

バンバン長官は「来年中にERPを導入できるよう準備を急いでいる。ジャカルタ中心部のスディルマン―タムリン通りなど3カ所で導入を計画している」と述べた。徴収料金は、渋滞の度合いによって変動するという。

BPTJの調べによると、首都圏で公共交通機関を利用している人は現在、移動者全体の3割弱。2029年にはこれを6割まで引き上げることを目標としている。


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「なんちゃって菜食主義…(06/19)

パームヤシ殻を炭化し燃料に DSJ、独自開発設備を本格稼働(06/19)

首都移転先、カリマンタン島でほぼ決定か(06/19)

バンドン高速鉄道、車両は中国CRRC製(06/19)

INPEX、NT沖合のイ領海LNG開発へ(06/19)

三菱自、東カリマンタンに塗装可能な販売店(06/19)

政府、輸出入関税未納の罰金規定を改正(06/19)

財務相、国会にプラスチック税審議を要請(06/19)

300億ルピア未満の住宅に奢侈税免除(06/19)

インドネシアの企業トップ、保護主義を警戒(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン