• 印刷する

テイクオフ:日本からの視察が引きも…

日本からの視察が引きも切らないという深セン。「中国のシリコンバレー」を支える行政や企業の戦略、ビジョンには、今や日本も学べるものが少なくない。国や文化の違いはあれど、応用できるヒントを探すことは有意義だ。

深セン歴の長い人と話をしていると、気づくことがある。会話の中で「ここは」「ここでは」という表現がよく出てくるのだ。自分がいる都市を地名ではなく「ここ」と呼ぶ時、客人ではなく主人として「我が町」を思う意識が根底にあるのではないか。

そうした人たちが口をそろえて語る深センの強みは、多くの移民を受け入れてきたことによる社会の活力だ。「来れば誰でも深セン人」。深センの寛容さを表す有名な標語は、改革開放から40年が過ぎた今も最前線を走り続けるこの都市の勢いを目の当たりにすれば、示唆に富んでいるように思う。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

海外直接投資が再び落ち込み 5月は前月比7割減の1.5億ドル(06/25)

豚コレラの発生確認、中国とタイが禁輸措置(06/25)

【米中摩擦】米向け輸出増、質の向上促す 高付加価値化が進めば日系に商機(06/25)

テイクオフ:愛くるしいの一言に尽き…(06/25)

ダバオ市、戒厳令解除へ 投資呼び込みで市長が意向表明(06/25)

中国企業のミャンマー生産移転、電力が障壁(06/25)

商業省、南部特区は「税回避地でない」(06/25)

米中摩擦の経済影響に警戒感 企業に圧力、成長率1%の予測も(06/25)

総合競争力トップは深セン 上位3位変わらず、2大デルタ強し(06/25)

G20で保護主義反対強調へ、中国(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン