• 印刷する

テイクオフ:日本からの視察が引きも…

日本からの視察が引きも切らないという深セン。「中国のシリコンバレー」を支える行政や企業の戦略、ビジョンには、今や日本も学べるものが少なくない。国や文化の違いはあれど、応用できるヒントを探すことは有意義だ。

深セン歴の長い人と話をしていると、気づくことがある。会話の中で「ここは」「ここでは」という表現がよく出てくるのだ。自分がいる都市を地名ではなく「ここ」と呼ぶ時、客人ではなく主人として「我が町」を思う意識が根底にあるのではないか。

そうした人たちが口をそろえて語る深センの強みは、多くの移民を受け入れてきたことによる社会の活力だ。「来れば誰でも深セン人」。深センの寛容さを表す有名な標語は、改革開放から40年が過ぎた今も最前線を走り続けるこの都市の勢いを目の当たりにすれば、示唆に富んでいるように思う。(羊)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:上海から江蘇省蘇州まで…(02/20)

一帯一路で初会議、事業の選択は必要と首脳(02/20)

工作機械輸出、中国向け3割減 1月5%減、3カ月連続マイナス(02/20)

対日輸出、18年は微増止まり 相対的な地位低下を危ぶむ声も(02/20)

大湾区、イノベ・金融に重点 知財保護、金融商品の取引推進も(02/20)

春節明けの求人難が内陸波及 産業移転の中西部、若者は流出(02/20)

香港車両の本土通行を利便化へ、大湾区(02/20)

米中貿易協議、21~22日にワシントンで(02/20)

豪への海外投資額、米が中国抜き1位に(02/20)

前海の機能強化へ、大湾区計画綱要(02/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン