シドニーやメルボのインフラ、改善の余地も

米コンサルティング大手マーサーが世界の231都市を対象に実施した交通、電力、水道、通信などのインフラ設備のランキング調査で、オーストラリアのニューサウスウェールズ(NSW)州シドニーが8位、ビクトリア(VIC)州メルボルンが34位、クイーンズランド州ブリスベンが37位…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 運輸IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:西オーストラリア州ロー…(02/21)

豪4Q賃金、4年ぶり高水準 2.3%上昇、今後は減速か(02/21)

金融王立委の提言を反映、野党が法案発表(02/21)

豪との貿易協定締結で自動車の輸出拡大か(02/21)

RBA、住宅価格と消費低迷で利上げ足踏み(02/21)

競争関連訴訟、中小企の保護を=豪政府(02/21)

BHP上期減益、事故で生産性向上にも影響(02/21)

ASC、潜水艦保守作業のパース移管を検討(02/21)

豪政府、太陽光パネル補助金に20億豪$拠出(02/21)

ANZの住宅ローン残高、伸び1%で低調(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン