セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ

カンボジア北部ストゥントレン州の「セサン下流2水力発電所ダム」が17日、本格的に稼働した。地場財閥、中国、ベトナムの合弁事業による国内最大の水力発電所で、投資額は約8億米ドル(約900億円)。輸入電力に頼るカンボジアの電力事情が大きく改善するが、環境への影響を懸念す…

関連国・地域: 中国ベトナムカンボジア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

フェイクニュース対策強化を 首相が訴え、報道規制に懸念も(06/14)

ミネベアミツミ、カンボジア法人に増資(06/14)

財務省、金融危機の対応に委員会を新設へ(06/14)

バイヨンが日本などに肥料輸出へ、国内初(06/14)

財閥LYP、ウオーターパークの建設計画(06/14)

外国人観光客、1~4月は11%増(06/14)

CPF、東北の鶏肉工場でカンボジア人増員(06/14)

年功補償支給へ準備進む 労働省が研修、400人超参加(06/13)

中国2社、火力発電所建設を請負(06/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン