• 印刷する

指紋認証でドアロック解除、現代自が導入へ

韓国の完成車最大手、現代自動車は17日、指紋認証でドアロックを解除し、エンジンをかけられる技術を開発したと発表した。2019年1月に中国で発売するスポーツタイプ多目的車(SUV)「サンタフェ」を皮切りに、新モデルに順次搭載していく計画だ。

現代自によると、指紋認証でエンジンをかけられる自動車は過去にもあったが、セキュリティーや耐久性の問題からドアロック解除に導入された例はないという。現代自は「静電容量式のセンサーを採用したため、コップなどから採取し複製した指紋でロックが解除される心配はない」と説明する。指紋と一緒に座席の位置やサイドミラーの角度を登録すれば、毎回ドアロックを解除する際に、自動で調整する機能なども搭載する。

現代自は指紋認証技術だけでなく、近距離無線通信(NFC)などさまざまな先端技術を活用し、ドライバーの利便性を高める製品を開発していく方針としている。

現代自動車は来年から、指紋認証によるドアロック、エンジン始動機能を新車に順次搭載していく計画だ(写真はイメージ、同社提供)

現代自動車は来年から、指紋認証によるドアロック、エンジン始動機能を新車に順次搭載していく計画だ(写真はイメージ、同社提供)


関連国・地域: 中国韓国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ソウルのタクシー運賃が…(02/19)

法人税に悩む韓国勢 負担率が増加、米と明暗(02/19)

韓国の双竜自、首都に旗艦販売店を開設(02/19)

韓流コンテンツ好調、日韓冷却なんのその(02/19)

SKB、ケーブルTV地場大手と合併へ(02/19)

韓国2社、越カイメップの物流会社を買収(02/19)

高付加価値の農産品、韓国への輸出促進協議(02/19)

24日に5Gフォン発表、MWCでLG電子(02/19)

粒子状物質情報を提供、KTがスマホアプリ(02/19)

サムスン電子の現金保有額、100兆ウォンに(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン