• 印刷する

【アジアで会う】カオ・ロアンさん、グエン・ティーさん 陶芸工房De-form 第233回 自然と調和する陶芸を目指して(ベトナム)

Cao Thi Hong Loan(写真左)/Nguyen Dan Thy 共にベトナム・ホーチミン市出身。ロアンさんは医薬関係の研究所での勤務、ティーさんはマーケティング会社での勤務などを経て、2016年に陶芸工房「デ・フォーム(De-form)」を立ち上げた。店舗での販売に加えて陶芸教室をオープンし、体験教室から上級者向けまで、幅広いコースを用意する。

雑貨店の片隅にひっそりと置かれた小さな器。その青に、心を引かれた。濃い青は夜の、薄い青は昼の海を連想させる。あえて色を塗らないままにしている薄茶色のざらっとした下地は、見た目も手触りも砂のようだ。少しゆがんだ形に温かみがあり、使うごとに少しずつ表情が変化していく。

素朴な作風の器を世に送り出す陶芸工房「デ・フォーム(De-form)」は、2016年に立ち上げられた。ティーさんは工房の運営面を、ロアンさんは作品のコンセプト作りや陶芸教室の切り盛りを担当する。ふたりともホーチミン市の出身で、陶芸を学んでいたティーさんにロアンさんが出会い、工房が立ち上げられた。指導教授が手放した工房を、ティーさんが引き継いだことがきっかけだった。ホーチミン市の路地裏にある、パートタイマーを合わせても全部で15人ほどの工房だ。

作品のコンセプトには、ベトナムでも深刻化してきた環境問題への意識が横たわる。地球の基礎である「オーシャン(海)」と「フォレスト(森)」を主要なテーマとして設定し、デザイナーに形や色の要望を伝える。シンプルさと使いやすさを重視し、「灰皿のような、健康を害する用途の作品は作らない」(ティーさん)。大量生産には興味がなく、手作りが基本だ。

ベトナムで有名な焼き物といえば、ハノイ近郊のバッチャン焼きがある。ここで採れる土は白いのに対し、デ・フォームが使う土はややクリームがかった色をしている。ロアンさんは「南部のビンズオンやビエンホア(ドンナイ省)の土を使っている」と説明する。これらの地域の土に、ある原料を混ぜることで、独特の色味を持たせた。地色の風合いを生かすため、派手な色を使ったり、必要以上に塗りたくることはしない。

一つの作品が完成するまでの手順は、19段階。シンプルな作品であれば、ろくろを回す時間は2分、カットする時間は10分ほどで済む。形を作ってから半日は天日で干し、1,300度近い高温で10時間焼いた後、17時間は置く。ほとんどの時間は、人間の手を離れた工程だ。その過程で器は壊れることもあれば、絶妙なひずみや歪みを作ることもある。陶芸が人知の及ばない偶然が作り出す「炎の芸術」と呼ばれるゆえんだ。

■将来は自分たちの店を

デ・フォームが、作品を作ること以上に力を入れているのが陶芸教室だ。2~3時間の初心者向けから、数カ月間の本格的なものまでさまざまなコースを取りそろえる。学校や企業向けの講座も請け負う。受講者は外国人が30~40%を占める。フェイスブックやウェブサイトを見て興味を持った人たちで、20~40代が多いという。

「作品を作る過程で気持ちが落ち着いてゆき、性格が穏やかになる学生もいる。そんな陶芸の『心』を伝えたい」とロアンさんは熱を込める。初心者向けだけでなく、上級者向けに専門的な知識や技術を伝えることも重視する。

ティーさんは工房の未来図として「いまは市内数カ所の雑貨店やカフェに作品を置いてもらっているが、将来は自分たちの店を持ちたい」と話す。作品を販売する場所であるのはもちろんだが、陶芸を続ける意志を持った人たちが集まる場所にもしたい。学生たちの作品も展示する、ショールームと学校を兼ねた場をイメージしているという。

経済成長が続き、大量生産・大量消費の波は、ベトナムにも確実に押し寄せている。特にホーチミン市では、衣食住でその傾向が顕著だ。丈夫で壊れにくく、形が整った均質なものが増える時代。そんな潮流が抗いがたいものであっても、素朴で不完全で、だからこそ愛着が湧くデ・フォームの器の居場所は、どこかに必ずあるに違いない。(ベトナム版編集・小堀栄之)


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「このピンクのミニスカ…(08/16)

主要上場、上期は増益が17社 堅調も2Qは勢いにかげり=決算(08/16)

ホンダ二輪販売、7月は3%減の21万台(08/16)

コールドチェーンのABA、600万ドル調達(08/16)

バンブー航空、2Q益は前期比3倍に(08/16)

配車アプリ政令案、表示灯に代え文字表示(08/16)

東元の2Q純益が5年来最高、モーター好調(08/16)

ベトナム航空とデルタ航空、相互提携を締結(08/16)

EVN電源9案件、首相が迅速な手続き指示(08/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン