テナガ、3月から産業向け電気料金引き上げ

マレーシアの国営電力会社テナガ・ナショナル(TNB)は14日、来年3~6月の産業向け電気料金に1キロワット/時(kWh)当たり2.55セン(約0.68円)の付加料金(サーチャージ)を賦課する。現状1.35センを課していることから、1.2センの引き上げとなる。 TNBは石炭価格の…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:当地のコンビニで酒類を…(07/16)

違法たばこシェアが世界最高 正規品販売の大手3社が苦境(07/16)

マレーシア航空再建、日本から資金調達も(07/16)

RM=26.2円、$=4.11RM(15日)(07/16)

中小企業の5割以上が損保未加入、アクサ(07/16)

19年の人口増加率0.6%、過去10年で最低(07/16)

「若年層」引き下げで対象人口500万人減少(07/16)

ガス価格の引き上げ、産業界から懸念の声(07/16)

金属シリコンPMB、生産能力倍増へ(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン