JA青森、リンゴ販売本格化 台湾・香港に続く第3の市場に

JA青森が、ベトナムでリンゴの販売を本格化させる。15日にはホーチミン市7区のクレセントモールでイベントを開催。価格に見合う「圧倒的な品質」で認知度を高め、台湾や香港に次ぐ第3の輸出市場にしたい考えだ。 日本のリンゴ輸出量は、年間約3万トン。このうち8割に当…

関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 農林・水産


その他記事

すべての文頭を開く

財閥アボイティス、越空港投資に意欲(14:03)

ハイフォン投資に期待と課題 地の利に魅力、人材確保は困難に(05/17)

物流の丸運、ホーチミン支店開設へ(05/17)

ベトナム航空、預け荷物なしに最大5割引(05/17)

ハウ川のバムコン橋、19日に開通へ(05/17)

SK、越ビングループに10億米ドル出資(05/17)

コンドテルなど新型不動産、法整備に遅れ(05/17)

サイアムセメント、生産拡大を計画(05/17)

化粧品市場が急成長、外資系がシェア9割(05/17)

建大、越子会社に15億元増資し工場拡張(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン