• 印刷する

マイクロ金融4社と契約、リンクルージョン

ミャンマーでマイクロファイナンス(小口金融)機関向けのシステムを開発する日本企業、リンクルージョンと日本ブレーン(東京都豊島区)は11日、地場マイクロファイナンス機関4社と、両社が共同開発した顧客管理用クラウドシステムを導入する契約を締結した。システムの導入契約を締結したマイクロファイナンス機関は、合計10社となった。

今回、契約を締結したマイクロファイナンス機関は、中部バゴー管区、エヤワディ管区、北西部ザガイン管区で事業を展開している。

「JBRAIN」と名付けた同システムでは、紙ベースの管理に頼っていた個々の顧客情報や業務、会計関連の情報をオンラインで管理できる。マイクロファイナンス機関が業務効率化を図り、顧客データを分析して、より利用者の目線に立ったサービスを展開できるようになることが導入の目的だ。

リンクルージョンは、零細事業者の金融取引や、借り手となる庶民の生活環境、家計に関するビッグデータの収集や分析に取り組み、マイクロファイナンス側にフィードバックする。

リンクルージョンと日本ブレーンは2016年、サービスを開始。システムを導入したマイクロファイナンス機関を通じ、累計で約20万人に約40億円の融資提供を支援した。今後は、ヤンゴン、中部バゴー管区、第2都市マンダレーで行ってきたデータ収集を、さらにエヤワディ管区、ザガイン管区にも広げる。

リンクルージョンなどは、地場マイクロファイナンス機関4社と新たにシステム導入契約を締結した=11日、ヤンゴン(リンクルージョン提供)

リンクルージョンなどは、地場マイクロファイナンス機関4社と新たにシステム導入契約を締結した=11日、ヤンゴン(リンクルージョン提供)


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 金融IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

チェンライで市中感染、帰国者と接触(4日)(02:47)

ヤンゴン、外出自粛措置の緩和を検討(12/04)

戦闘地域の選挙実施は試金石、和平で笹川氏(12/04)

コロナ死者、累計で2千人超え=3日夜(12/04)

工業製品の輸出が5割減 10~11月、コロナ禍が深刻化(12/04)

過去17日間、1千人超える感染=2日夜(12/04)

コーヒー輸出が半減見通し、コロナ影響で(12/04)

汚職防止委員長の辞職、理由は高齢(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン