【第5位】商業施設の開発相次ぐ、日系撤退も

タイで商業施設の開発が相次いでいる。11月には国内最大規模の「アイコンサイアム」、同施設に入居する「サイアム高島屋」が開業。旅行者数の増加やインフラ開発の促進でタイは商業施設事業の魅力的な投資先とされ、今年は外資系アウトレットなどの開発計画も発表された。一方、…

関連国・地域: タイ
関連業種: 建設・不動産小売り・卸売り


その他記事

すべての文頭を開く

都心オフィス賃料、上昇続く 新規2軒の完成が23年にずれ込み(12/13)

新年度、貿易収支黒字で推移 縫製業と資源輸出けん引(12/13)

バンコク郊外の「森の街」、事業費4割増額(12/13)

全教研がプログラミングの教育センター設立(12/13)

土地・建物税、1回目の支払い期限を延長(12/13)

エキスポの受注台数、15%減の3.7万台(12/13)

ドンムアン免税店、キングパワー1社が応札(12/13)

パープルライン、3カ月限定で終日値下げ(12/13)

三菱日立PS、タイ向けにガスタービン出荷(12/13)

テスコのタイ事業、PTTは買収に関心なし(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン