• 印刷する

18歳以下人口は940万人、総人口の3割に

マレーシア統計局が11月末に発表したデータによると、2018年の18歳以下人口は総人口(3,239万人)の29.0%にあたる940万4,700人となる見込み。前年に比べて0.2%の減少となる。

男が485万人、女が455万人。5歳以下の子どもは全体の8.0%となる259万5,600人となる。

人口比に占める子どもの割合を州・地域別で見ると、最も高いのは行政都市プトラジャヤ(42.9%)、次いで、クランタン州(36.2%)、トレンガヌ州(36.1%)、連邦直轄区ラブアン島(32.2%)、パハン州(30.8%)の順。一方、最下位はペナン州(23.7%)で、首都圏クランバレーなど都市化が進んでいるエリアほど、国内平均を割り込んでいる。

子どもの人口数が最も多いのは、州別人口が最多のスランゴール州(179万6,900人)だった。

17年の高等学校(アッパー・セカンダリー)までの公立学校に在籍する生徒・学生数は488万8,600人で、前年から4万5,000人減少した。私立学校に通う生徒・学生数は51万6,300人だった。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア航空が羽田線開設、日本4路線目(15:31)

長距離LCCタイエアアジアX、経営再建へ(15:15)

輸出額、9カ月連続2桁成長 4月は21%増、パーム油など好調(05/20)

新規感染2017人、累計448.3万人(05/20)

〔アジア人事〕ミスミグループなど(05/20)

RM1=29.0円、$1=RM4.41(19日)(05/20)

ライオンポシム、シャアラム複合開発で合弁(05/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン