• 印刷する

財新製造業PMI、11月は0.1P上昇の50.2

経済ニュースメディアの財新伝媒は3日、中国の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が11月は50.2だったと発表した。前月を0.1ポイント上回り、2カ月連続の上昇となった。

PMIを構成する要素のうち、新規受注指数は前月に続き小幅に上昇した一方、新規輸出受注指数は米国との貿易摩擦を反映し、8カ月連続で50を下回った。市場需要の低迷を背景に、雇用指数も引き続き50を割り込んでいる。

今後1年間の経営環境に対する見通しを示す指数は、直近11カ月で最も低い水準に落ち込んだ前月からは上向いた。需要の好転を予想する企業がある一方、厳しい環境政策と市況の低迷が生産活動の重しになると考えている企業も多い。

財新は「中国経済は弱含みだが、大幅に悪化している状況ではない」と総括した。

国家統計局が11月30日に発表した11月の製造業PMIは前月比0.2ポイント下落の50.0で、政府と民間の調査で判断が分かれている。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: その他製造マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:はたして守られるのか、…(06/27)

勃興する植物工場産業(上) 地場社、来年に大規模施設稼働(06/27)

マンダレー、華為との事業提携を見直しへ(06/27)

デモで3万人が来港見送りか 業界予測、本土客など混乱避け(06/27)

18年の常住人口、1位は広東 経済大省に集中、東北は減少続く(06/27)

本土系銀行の解約呼び掛け、条例改正反対で(06/27)

米対中制裁関税で除外を、第4弾の公聴会終了(06/27)

〔政治スポットライト〕首相、米中貿易摩擦でWTOの見直しを要求(06/27)

建設中の全ビルを検査へ、倒壊受け首相指示(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン