• 印刷する

クレカなどで改札通過、ビザやNETSでも

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は11月30日、クレジットカードやデビットカードを使った公共交通機関での非接触型決済サービスの試験事業を拡大すると発表した。12月から米クレジットカード大手ビザと地場の電子決済機関NETS(ネットワーク・フォー・エレクトロニック・トランスファーズ)のカードにも対応する。

LTAは2017年3月、米マスターカードと組んで試験事業を開始。同社の非接触型カード保有者は、交通系ICカード「ezリンクカード」などと同様に、自動改札機にカードをかざすだけで運賃を決済し、改札を通過できるものだ。プリペイド(先払い)方式のezリンクカードなどは残高が足りなくなると、その都度入金(チャージ)しなければならないが、クレジットカードやデビットカードなら銀行口座から直接引き落とされるため、この手間が不要になる。

DBS銀行(系列のPOSB銀行を含む)、OCBC銀行、UOB銀行が発行したNETSのデビットカード保有者は12月3日から、同サービスへの登録が可能になる。ビザについては、同社や国内外の銀行10行の一部従業員を対象とし、同日から登録に関する情報を通知する。

LTAによると、マスターカードとの試験事業では、これまでに10万人以上が同サービスを利用。累計2,600万回以上、1日平均5万回強の運賃支払いが同社のカードによる非接触型決済で行われたという。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 金融運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週末にマレーシア・ジ…(07/24)

新たなユニコーン企業が誕生 画像解析トラックス、米上場視野(07/24)

大型小売店最大手が店舗縮小 今年は6店以上閉鎖、競争激化で(07/24)

三菱地所、地場不動産ベンチャーに出資(07/24)

ギークハッシュ、検索サイトの日本進出支援(07/24)

コアインフレ率、6月は約2年ぶり低水準(07/24)

人気バッグのアネロ、初の公式店舗が正式開業(07/24)

地場QRコード決済、日本で利用可能に(07/24)

既存企業と新興企業の提携、政府が支援(07/24)

豪東部州で電力価格ゼロに!再生エネ急増で(07/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン