• 印刷する

訪台中国人観光客の滞留日数、年間120日に設定

台湾の内政部(内務省)は11月29日、台湾を訪れる中国人観光客に関する規則「大陸地区人民来台従事観光活動許可弁法」の改正草案を決議した。改正草案では新たに、年間の滞留日数上限を120日に設定。観光の促進につなげたいとする一方、不動産の購入など観光以外の目的で台湾を訪れる中国人の活動を管理する。

30日付中時電子報が伝えた。今回の改正草案では、中国人が観光目的で訪台申請する際に必須条件としている口座残高を、現行の20万台湾元(約74万円)から10万元に引き下げた。また、米国や日本、カナダ、英国、オーストラリアなど先進国の有効なビザを保有している場合、財務証明に代わる判断材料とする。

外国人の出入境と管理に関する規定「入出国及移民法」では、外国人の滞留期間として年間6カ月を超えてはならないと規定しており、内政部は今回、同法を参考に中国人の滞留日数を決めた。中国人観光客をめぐっては、過去に観光目的で入境してアルバイトなどに従事していた事例が見つかっており、適正な入境と安全管理を行う上で上限を設けたと説明した。


関連国・地域: 中国台湾
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教育に携わる者は政治的…(06/27)

清掃マッチングで年8万件成約 潔客幇の林文康CEO(06/27)

サーバーの緯穎、米国工場建設を検討(06/27)

シャープ後継選びが本格化、戴氏は20年にも交代(06/27)

18年の平均賃金、晶エンが聯発科抑え半導体1位(06/27)

大成鋼、貿易摩擦も米国生産で恩恵(06/27)

繊維の光隆、宜蘭で既製服のR&Dセンター着工(06/27)

明基傘下の美若康コンタクト、香港市場進出(06/27)

自転車2社、欧州で電動自転車の生産拡大(06/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン