• 印刷する

NEC、金浦空港向けに管制レーダー受注

NECは11月30日、韓国のソウル地方航空庁から金浦空港向けに航空管制レーダーを受注したと発表した。最新の半導体技術と信号処理技術により、航空機の正確な位置を把握したり、過密な空域でも詳細な運航情報を取得したりすることができる新型レーダーで、安全な運航と離着陸を支援する。2020年10月までの稼働を目指す。

金浦空港では既に同社が提供した航空管制レーダーが稼働しているが、今回新たなレーダーを増強する。運航便数や旅客数、貨物量などが増加し、航空路の過密化が進んでいることから、より安全で効率的な運航を実現するためのシステムに対する需要が高まっている。

同社は17年、金海空港(釜山市)にも航空管制レーダーを納入している。


関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:あれはハルジオンだろう…(06/17)

首都の衛星都市開発進まず 韓国主導、資金難で業者逃亡(06/17)

徴用工裁判後に対日貿易1割減 民間研究所発表、交流維持が糸口(06/17)

iPhoneXS、マレーシアは11番目に安い国(06/17)

半年以上滞在の外国人、健康保険加入が義務(06/17)

情報共有中断も、米がファーウェイ使用なら(06/17)

ルノーサムスン労使交渉合意、約1年ぶり(06/17)

現代・起亜自、今年の国内販売が過去最多(06/17)

現代モービス、米クレルと音響システム開発(06/17)

米国、韓国産熱延鋼板の関税率を引き下げ(06/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン