• 印刷する

【18年の10大ニュース】ポスト「リー」時代への動き加速

2018年はポスト「リー」時代を見据え、将来のシンガポールの政治体制構築を見据えた世代交代の動きが活発になった。

リー・シェンロン首相が5月に実施した大規模な内閣改造では、ベテラン3閣僚が退任。11月には、次期首相が座るポストとみられた与党・人民行動党(PAP)書記長第1補佐にヘン・スイキャット財務相が選ばれた。

6月には史上初の米朝首脳会談がシンガポールで開催され、世界中から注目が集まった。またマレーシアの政権交代に伴い、シンガポールとクアラルンプールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画が延期される事態に。配車サービス大手グラブは米同業ウーバー・テクノロジーズから東南アジア事業を買収し、国内で1強体制を築いた。一方、昨年来、急速に普及した自転車シェアサービスは、規制強化を受けて大手のOバイクがサービスを停止するなど、曲がり角に差し掛かっている。

19年は次期総選挙が前倒しで行われる可能性もあり、今後のシンガポールを占う上で重要な1年となりそうだ。

米朝首脳会談でシンガポールを訪問した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と握手するリー・シェンロン首相。今年は後継者選びの動きが加速した(シンガポール首相府提供)

米朝首脳会談でシンガポールを訪問した北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)と握手するリー・シェンロン首相。今年は後継者選びの動きが加速した(シンガポール首相府提供)

【第1位】次期首相、ヘン財務相が最有力に

【第2位】グラブがウーバー事業買収、業界地図一変

【第3位】6年ぶり金融引き締め、経済好調で

【第4位】2国間高速鉄道、31年に開通先送り

【第5位】米朝首脳会談、国内に大きな経済効果

【第6位】自転車シェアが曲がり角、Oバイクが撤退

【第7位】消費増税発表、21年以降に9%へ

【第8位】電力小売自由化が本格始動

【第9位】QRコード決済の統一規格が始動

【第10位】シンガポール航空、世界最長NY便を就航

【番外編】過去14年で最大規模の停電、19地区で


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

輸出が2年半ぶりの下げ幅 3月12%減、半導体業界不振で(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

米IBM、メインフレーム製造をNYに移管(04/18)

アジアの通信環境、シンガポールが首位(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン