密輸対策強化で覚書へ、名古屋と広東の税関

【共同】名古屋税関と中国広東省の黄埔税関は29日、商標権などの知的財産を侵害する偽ブランド品の差し止めや違法薬物の密輸防止など、水際での対策強化で連携しようと名古屋市内で会合を開いた。来年にも両税関の間で協力に関する覚書を締結する方針。 名古屋税関によると、今年…

関連国・地域: 中国-広東
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

中国再参入の計画ない、グーグルの検索サービス(12/13)

テイクオフ:会社からの帰り道。広州…(12/13)

中国人客の呼び戻し策を強化 ビザや税優遇、航空大手は赤字も(12/13)

EVの充電環境さらに改善へ 政府4部門、3年で「6大任務」(12/13)

中国が米車関税引き下げ、摩擦解消へ一定譲歩か(12/13)

シルフィが首位、11月のセダン販売(12/13)

18年半導体設備出荷額、台湾は3位=SEMI(12/13)

香港の柴犬キャラ、権利供与で事業拡大へ(12/13)

ビジネス環境評価、20年までに順次対象拡大(12/13)

華為CFOの保釈、カナダ裁判所が認める(12/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン