貿易戦で本土生産の比率さらに縮小へ、利標

アパレルのライセンス事業を手掛ける香港の利標品牌(グローバル・ブランズ・グループ、GBG)は、中国本土での生産の比率をこれまでの6割から3割弱まで減らす方針だ。米国の対中関税を避けるためで、既に生産の一部をアジアの他の地域に移している。29日付サウスチャイナ・モ…

関連国・地域: 中国香港米国
関連業種: 繊維小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

徳昌電機が生産移管検討、貿易摩擦受け(13:30)

半数超が大湾区での勤務考慮 香港人調査、給与水準などに魅力(05/17)

新卒の就活厳しく、大卒者の増加で(05/17)

大湾区の産業構造、15年内に転換=DBS(05/17)

対中関税は米消費者が負担、工業総会会長(05/17)

香港と東南ア5カ国、IAを6月17日発効(05/17)

スタートアップランク、香港は28位に上昇(05/17)

SFC、オランダとファンド相互承認で覚書(05/17)

続伸、貿易戦激化も一部に買い=香港株式(05/17)

クレカ売掛債権、3月末は6.2%減(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン