• 印刷する

銀行融資、年14%ペースに減速へ=証券会社

ベトナム国内の金融機関による貸出残高の成長率は向こう3~5年にかけては年14%程度にとどまり、2015~17年の年平均18.1%から減速する――。27日付ベトナム・ニュース(VNS)が、バオベト証券(BVSC)がこのほど発表した報告書について報じた。

BVSCは、経済成長率が18年の見込みである6.7%から19年は6.4~6.5%に低下するとともに、19年は0.25~0.5%の利上げが予測されるとして、資金需要の伸びが鈍ると分析している。

また融資に対する規制強化も足かせになる。来年初めから不動産向け融資のリスクウエートの掛け値が、現行の200%から250%に引き上げられる。リスクウエートとは、国際決済銀行(BIS)による銀行の自己資本比率規制の計算に当たり、分母となる総資産をリスクの度合いに応じて加重平均する係数。高ければ分母が膨らむため、分子となる自己資本が同額であっても、自己資本比率は小さくなる。

さらに金融機関が中・長期融資に使える短期資金の上限も従来の45%から40%に引き下がることも、銀行の資金供給を減らすと予測される。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

越ブランドで世界をめざす 有機コスメtaran.の取り組み(03/27)

FDI受入額、1Qは86%増の108億ドル(03/27)

通信機器の正文、ベトナム工場で下期量産(03/27)

韓国企業、タインコンに自動車電装部品供給(03/27)

ファーズン造船、タンカーを韓国企業に納入(03/27)

航空機整備のシンガ越合弁企業、設立認可(03/27)

ディー・エム広告、HCM市に現法設立(03/27)

シンガ越合弁、HCM市にツインタワー建設(03/27)

斗山ビナなど外資2社、通関優先制度適用(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン