政策パッケージ第16弾発表 税優遇・投資規制の緩和に重点

インドネシア政府は16日、経済政策パッケージ第16弾を発表した。外資企業の出資比率を制限するネガティブリスト(投資規制分野)の改正、投資家へのタックスホリデー(法人税一時免税措置)や法人税減税などを盛り込む。世界経済が不透明な中で、投資を促進するための規制緩和策を…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

政府系ファンドで200億ドル調達へ=大統領(20:44)

商銀の貸し付け成長率、昨年は6.1%に減速(20:18)

高級品価格ランク、10位内にアジア5都市(09:32)

たばこ大手、新空港建設4月着工22年供用へ(20:43)

今年の外国人訪問客目標、3%増の1700万人(20:44)

投資会社バハナ、国営保険の持ち株会社へ(20:19)

ホンダ二輪、19年は491万台 シェア7割超、主力新モデル投入(01/17)

パーム油の輸入制限で波紋 リスク懸念でマレーシア産回避(01/17)

自動車販売速報値、19年通年は約103万台(01/17)

自動車と部品の輸出額、2019年は8%増加(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン