• 印刷する

テイクオフ:中国の羅照輝・駐インド…

中国の羅照輝・駐インド大使がインドとの関係強化に力を注いでいる。インド人の中には中国をライバル視する人がおり、両国の関係は決して良好と言えない面があるが、先ごろニューデリーで開かれた両国の若者による対話イベントに登壇した際は、インドの学生に中国留学を勧めるとともに、中国の学生にインドで学ぶよう呼び掛けた。

大使によると、中国では20以上の大学がヒンディー語の授業を実施。都市部の若者の間では、ボリウッド映画の鑑賞、ヨガ体験、ダージリンティーをたしなむことがトレンドになっているという。

大使は8月に北部パンジャブ州を訪れた際、現地の民族衣装に身を包み、地元住民や子どもたちと親交を深めた。中国大使がインドの地元民たちと自由に触れ合い、文化交流について話し合うのは非常にまれなケース。関係改善に努めようという積極的な姿勢がうかがえる。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:深夜のデリー空港。入国…(03/27)

車サービスに新興企業が参入 移動の多様化(上)、狙いは近距離(03/27)

EV充電施設、首都の131カ所に設置へ(03/27)

現代自現法、労組と3年間の賃金協定を締結(03/27)

セブンイレブン、ムンバイに8店舗を設置へ(03/27)

ジンダル、直接還元鉄プラントの操業再開(03/27)

電力インフラのカルパタル、北欧の同業買収(03/27)

エネルギー転換ランク、印は76位に上昇(03/27)

建設L&T、建物と水処理で大型受注7件(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン