• 印刷する

高速鉄道公社、日本語研修プログラムを導入

日本語研修プログラムの修了者ら(NHSRCL提供)

日本語研修プログラムの修了者ら(NHSRCL提供)

インドの国家高速鉄道公社(NHSRCL)は17日、日本語と日本文化の研修プログラムを導入したと発表した。西部ムンバイ―アーメダバード間で計画される高速鉄道建設で、日本の新幹線方式が採用されることを念頭に、両国間で理解を深める狙い。

研修プログラムは日本の国際交流基金が開発。教材は日本語での会話や日本文化の理解を深めることに重点を置いている。既にムンバイ、アーメダバード、バドダラ、スーラトの西部4都市および首都ニューデリーの公社職員が5カ月間の日本語講習を修了。35人に修了書が授与された。

NHSRCLのカレ総裁によると、全職員を対象に日本語研修を実施していく方針で、次回のコースは12月に開始される。

カレ氏は一方、日本語能力を有する求職者を優先して採用するとも説明。日常的な場面で使われる日本語をある程度理解できる日本語能力試験(JLPT)の「N3」レベルが前提で、向こう1~2年にわたり採用活動を行う。


関連国・地域: インド日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「ハーイ。レッツゴー」…(02/21)

タイヤ業界は3Qも各社減益 原料費上昇、19年は回復見通し(02/21)

PCBの臻鼎が印工場計画、20年に量産へ(02/21)

タタ自、プネ工場労組と長期賃金協定を締結(02/21)

ピアッジオ、小型モーターバイクを来年発売(02/21)

対インドの貿易額、増加率で世界平均下回る(02/21)

商用車アショク、10~12月は2桁の減収減益(02/21)

ヤフーとオヨが合弁、日本で賃貸住宅事業(02/21)

ビクラム、AP州で太陽光発電所を稼働(02/21)

屋根型太陽発電の普及事業、第2期を承認(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン