• 印刷する

医薬品価格に上限設定、保健省が検討

マレーシアのズルキフリ・アフマド保健相は14日、医薬品の価格に上限を設定する方針を明らかにした。国内の薬価が他国よりも高い現状を解消する狙い。15日付マレーシアン・リザーブが伝えた。

同相は、全てのルートで流通する医薬品の価格に上限を設定する方向で検討していると説明。具体的な方法を尋ねた下院のチャールズ・サンティアゴ議員に対して、「価格統制で影響を受ける全ての関係者の利益を考慮しつつ、2011年価格統制・投機防止法を通じて、実現にこぎ着けたい」との見解を示した。

同議員によると、マレーシアの薬価は他国に比べて30~180%高い水準。同相も国内の薬価が高いことを認めた上で、価格に上限を設定する必要性があると判断したとコメントしている。

一方で同相は国内の製薬各社を支援するため、ジェネリック医薬品(後発薬)の普及を積極的に推進する考えを表明。保健省が主導する医薬品調達でも、「輸入する場合は、マレーシア国内で生産できない薬品かどうかを確認してから受け入れている」ことを明らかにした。

国内の後発薬メーカーは18社以上で、うち10社がブミプトラ(マレー系と先住民族)資本。昨年の政府による後発品の調達額は13億リンギ(約352億円)で、半数が国内企業からの納入となっている。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

バイオ燃料「B20」導入に向け委員会設立(06/14)

THヘビー、インド沖のオフショア建設受注(06/14)

教育基金のローン中止案、私大への影響懸念(06/14)

航空会社に警告、不当な手数料徴収で当局(06/14)

ペナン、1Qの製造投資8.7倍 米の大型投資で人材市場にも余波(06/14)

RM=26.0円、$=4.16RM(13日)(06/14)

グーグルが「中国離れ」、台湾などに生産移設か(06/14)

プロトン販社、2社とR&Dの合弁会社設立(06/14)

ベルマツオート、19年度4月期は増収増益(06/14)

ECRL受注競争で建設株指数が活発化(06/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン