• 印刷する

ヤンゴン高架環状道、第1期は12社が応札

ミャンマー建設省は13日、官民連携(PPP)方式で進める最大都市ヤンゴンの高架環状高速道路の建設事業第1期の入札を締め切った。日本の企業が参画するコンソーシアム(企業連合)を含む12社・連合が応札。建設省は、今月末までに企業を一次選抜し、落札企業は来年6月に発表する予定。

建設省は9月、同高速道第1期の設計やエンジニアリング、資金提供、建設、運営、保守管理などの関連サービスに関して、国内外の企業を対象とした入札を開始した。第1期の対象区間は全長約47.5キロメートルのうち27キロ。12社には、日本のJFEエンジニアリングと丸紅の連合、タイのバンコク・エキスプレスウェー、ミャンマーのシュエ・タン・エキスプレスウェーなどと日本の住友商事、IHIが参画するBSSIC連合の2組織が含まれた。その他は、中国、韓国、フィリピンなどの企業が応札している。

高架環状高速道路は、ヤンゴン中心部、ヤンゴン国際空港、ヤンゴン港などをつなぎ、ヤンゴンと第2の都市マンダレーを結ぶ高速道路にも接続する計画。同省は、同事業に関して、世界銀行グループの国際金融公社(IFC)と財務顧問契約を締結している。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロイター記者の上告審開始、ミャンマー最高裁(00:28)

日本からの中古車輸出が継続 18年、3割減もタイ経由で(03/27)

プラスチック事業など投資6件を認可(03/27)

FMI、運休航空会社の保有株を売却(03/27)

シーライオン、ヤンゴンに新物流センター(03/27)

車両の交換部品、輸入手続きを簡素化(03/27)

旧ビルマ省庁舎、サージパン氏の三男と提携(03/27)

カチン州政府、組織培養バナナ農園に恩典付与(03/27)

シャン州ワ自治管区で倉庫爆発、16人死亡(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン