• 印刷する

全経連に特別委員会、南北経済交流に向け

韓国の経済団体、全国経済人連合会(全経連)は7日、南北朝鮮の経済協力の推進を目的とする「南北経済交流特別委員会」を発足した。金剛山観光や開城工業団地など南北経済協力事業の再開を盛り込んだ文在寅(ムン・ジェイン)政権の「韓(朝鮮)半島新経済地図」構想の実現に向けて歩調を合わせる。

南北経済交流特別委員会では今後、南北の経済協力に向けて財界からの意見を政府に提案したり、南北間で実施する共同プロジェクトを発掘したりしていく。

初代委員長には、鄭夢奎(チョン・モンギュ)HDC(現代開発産業)が就任した。鄭会長は、現代グループの創業者、鄭周永(チョン・ジュヨン)氏の甥(おい)。鄭会長は発足式のあいさつで、「故・鄭周永会長が1,001頭の牛を引き連れて北朝鮮訪問した1998年から今年でちょうど20年目を迎えた。経済を通じて分断された民族の壁を乗り越えるという(鄭周永会長の)の遺志を受け継ぎたい」と話した。


関連国・地域: 韓国北朝鮮
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ロッテケミカル、トルコ大理石企業買収(01/18)

不二越に賠償判決、挺身隊動員でソウル高裁(01/18)

「朝鮮族がライバルに」 対北朝鮮事業、専門家が指摘(01/18)

OCI、太陽光発電インバーター事業に参入(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

経済団体と政府が懇談、最低賃金など意見交換(01/18)

財閥の「雇用世襲」廃止の動き、批判沸騰で(01/18)

産業銀行、構造調整担当の子会社設立へ(01/18)

データ・AI分野を育成、活性化計画発表(01/18)

現代自が米国で17万台リコールか=ロイター(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン