• 印刷する

ビンファスト、17日に電動スクーター発売

ベトナム投資グループ(ビングループ)で自動車事業を手掛けるビンファストは3日、電動スクーターの第1号モデル「ビンファスト・クララ」を17日に発売すると発表した。同社は2020年までに国内3万~5万カ所に充電スタンドを設置するなど、インフラ整備を進める。

「クララ」は一回の充電で最大80キロメートル走行。価格はリチウムイオン電池のタイプが5,700万ドン(2,400米ドル、約28万円)、鉛蓄電池のタイプが3,400万ドン。発売当初はプロモーション価格で前者が3,500万ドン、後者は2,100万ドンとなる。

第3世代(3G)移動通信システムに接続し、GPS(衛星利用測位システム)を標準装備。充電所やバッテリーのレンタル所、サービスステーションの場所がわかる。充電所はコンビニエンスストア「ビンマートプラス」や高級アパート、学校などに設置される。専門のディーラーも設置していく。

ビンファストは19年末までに、追加で4モデルを発売する予定。さらに学齢期の子ども向けモデルも発売する計画という。

ビンファストは同日に電動スクーター工場を正式にオープンした。溶接や塗装、組み立てを主な機能とする。敷地面積は6.4ヘクタールで、第1期の年産能力は25万台。第2期は50万台、それ以降に100万台に拡張する。溶接と塗装は95~100%が自動化されている。


関連国・地域: ベトナム
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

ちよだ鮨、越で2周年「来年に2店舗目を」(12/11)

中国の福田汽車、ベトナムに現法設立へ(12/11)

韓国の大宇建設、ハノイ新都市事業が好調(12/11)

ベトナムと関係強化、国境問題解決に意欲(12/11)

家具輸出に期待、TPPで世界2位も視野(12/11)

エアアジアの越合弁、19年8月に運航開始(12/11)

PVオイルの国有株放出、一括売却を計画(12/11)

ペトロベトの1~11月売上高、通年目標超え(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン