• 印刷する

ホンダ、モンキーとスーパーカブ発売へ

ホンダ・ベトナムは、今月15日から「モンキー」と「スーパーカブC125」をベトナムで発売すると発表した。写真はモンキー=同社提供

ホンダ・ベトナムは、今月15日から「モンキー」と「スーパーカブC125」をベトナムで発売すると発表した。写真はモンキー=同社提供

ホンダ・ベトナム(HVN)は10月31日、中部ダナン市で同社バイクの代表的なモデルである「モンキー」と「スーパーカブC125」をベトナムで発売すると発表した。タイからの輸入販売となる。いずれも今月15日に全国で発売する予定。

モンキーは、排気量125cc、重量は約101.3キログラムの軽量設計。ロングセラーの人気車種が小型バイクとなって復活した。エンジンには、空冷・4ストローク・OHC単気筒エンジンと、4速マニュアルトランスミッションを搭載。電子制御燃料噴射装置(PGM―FI)を採用している。

パネルメーターはデジタルLCD、ライトはすべてLED(発光ダイオード)を採用。ヘッドライトやパネルは懐かしさを残したラウンドタイプとなっている。カラーはブラック―ホワイト、ブルー―ブラック―ホワイト、レッド―ホワイト―レッド、イエロー―ホワイト―ブラックの4色を取りそろえる。

スーパーカブC125は、歴代カブシリーズの特徴を残したデザイン。燃費に優れた125ccの空冷・4ストローク・OHC単気筒エンジンで、電子制御燃料噴射装置(PGM―FI)を採用した。カラーはダークブルー、パールブルー、レッド―ホワイトの3色。スマートキーシステムを搭載している。

メーカー希望小売価格(付加価値税=VAT込み)は、モンキー、スーパーカブC125ともに8,499万ドン(3,630米ドル、約41万円)。15日から全国の正規代理店(HEAD)で発売する。


関連国・地域: ベトナム日本
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

電通、地場の同業レダーを完全買収(18:46)

高級物件への外国人投資増加 価格はアジア最低水準、リスクも(03/20)

タンソンニャット空港、周辺道路を拡幅へ(03/20)

タイ・ミャンマー国境の第2友好橋が開通(03/20)

HCM市のオフィス賃料8%増=サヴィルズ(03/20)

JESCO、ホーチミン市の設備工事を受注(03/20)

工業団地アマタ、中国企業の移転需要増予測(03/20)

鉄鋼ホアセン、18年度の輸出収益27%増(03/20)

韓国フィルターメーカー、工場を越に移転(03/20)

通信ケーブルSAM、3.5兆ドンに増資へ(03/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン