ヤンゴン火力発電所、来年着工で政府と協議

東洋エンジニアリングが筆頭株主であるタイのプラント大手TTCLは、ミャンマー最大都市ヤンゴンに液化天然ガス(LNG)火力発電所を建設する計画について、政府と協議を進めている。2019年半ばの着工にこぎ着けたい考えだ。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマ…

関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ロイター記者の上告棄却 欧米は非難、投資心理に懸念(04/24)

ミッソンダム反対、大規模デモが継続(04/24)

ポケモン、27日から地上波で放映(04/24)

華為、ミャンマーのICT人材育成で覚書(04/24)

カチン州の堤防、手抜き工事疑惑を調査へ(04/24)

商業省、雲南省と農産物の輸出拡大で覚書(04/24)

3月までの1年間の真珠売上高、9億円超(04/24)

中国の華夏航空、鄭州―マンダレー便就航(04/24)

上半期FDIは目標の32% 3月、製造業好調も2億ドル未満(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン