ヤンゴン火力発電所、来年着工で政府と協議

東洋エンジニアリングが筆頭株主であるタイのプラント大手TTCLは、ミャンマー最大都市ヤンゴンに液化天然ガス(LNG)火力発電所を建設する計画について、政府と協議を進めている。2019年半ばの着工にこぎ着けたい考えだ。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマ…

関連国・地域: タイミャンマー日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

三菱グループが住宅開発加速 中心部でコンド、郊外に低価格物件(11/21)

水インフラなど新領域拡大も ヨマ傘下FMI、アヤラと提携で(11/20)

昭和産業と岡谷鋼機、鉄筋加工工場が増強(11/20)

太陽光発電で電気料の負担減が可能=IFC(11/20)

米国、カチン州で包括的な農業支援実施へ(11/20)

少数武装勢力、ラショー空港の攻撃否定(11/20)

ラカインのネット遮断、150日が経過(11/20)

タイ3社、ミャンマーの太陽光発電所を稼働(11/20)

有権者の投票資格を変更へ、少数民族が懸念(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン