• 印刷する

《日系進出》メディア工房、医療旅行で香港合弁

パソコンやスマートフォン向けコンテンツ配信事業を手掛けるメディア工房(東京都港区)は24日、香港に合弁会社を設立すると発表した。医療ツーリズムを中心としたインバウンド事業、越境電子商取引(EC)事業を展開する。

合弁会社の資本金は570万HKドル(約8,180万円)で、11月下旬に設立する予定。出資比率はメディア工房が60%、中国本土の個人投資家である包盛杰氏が40%。包氏は本土の身分証明書発行企業、上海中カ知能カ(カ=上に卜、上海チャイナ・カード)の董事長を務める。

日本へのインバウンドが盛んになる中、本土での健康、医療サービスへの需要が高まっていることに着目し、メディア工房は新規事業として日本への医療ツーリズム事業を企画推進している。合弁会社は同事業に関連して、本土の顧客開拓やニーズ調査などを目的に設立する。事業推進の利便性や透明性などから判断して、香港に設けることを決めた。

医療ツーリズムでは、人間ドックや美容整形などのサービス提供を想定。開始当初は本土顧客を主要ターゲットとし、将来的に香港やその他の海外にも拡大していく。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: 医療・医薬品金融IT・通信小売り・卸売りサービス観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

マカオ空港旅客数、19年は870万人目標(13:22)

深セン前海地区の拡大表明 市長、香港との協力深化に期待も(01/23)

投資署、18年に外資436社の香港進出を支援(01/23)

18年12月のCPI上昇率2.5%、0.1P縮小(01/23)

18年12月のオフィス空室率、0.1P拡大(01/23)

18年の新築平均価格約2億円、過去最高に(01/23)

住宅購入に年収21年分、9年連続の世界一に(01/23)

反落、中国A株安に追随=香港株式(01/23)

国泰君安が香港で増員、資産管理業務強化(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン