• 印刷する

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス

ウェッジホールディングス(東京)は、タイ証券取引所(SET)上場の金融子会社グループ・リース(GL)を通じ、ミャンマーでインドのバジャジ・オート製自動三輪車購入者に対するファイナンスサービスを始める。16日に、ミャンマーの販売代理店と5年間の独占パートナーシップ契約を締結した。

ミャンマー子会社のGL―AMMKが事業を行う。同社は昨年から、ホンダのバイクの総代理店であるNCXミャンマーと提携し、ホンダのバイクに対するファイナンスサービスを実施。さらに、配車アプリサービスの普及とともに地方都市を中心に増えている三輪タクシーの需要を取り込む。

バジャジ・オートは昨年、ミャンマー市場に参入。現在、月間1,000台以上が販売されているという。

GL―AMMKは、ホンダ製バイクの販売代理店などとの提携により保有する114カ所の拠点を、自動三輪車のファイナンスでも生かしていく。


関連国・地域: タイミャンマーインド日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

保険市場開放へ動き加速 3月末に全額出資の生保会社決定(01/22)

ヤンゴン管区の消費電力、19年は1割増へ(01/22)

中国との国境経済区、まずチンシュエホーで(01/22)

モン州、昨年の水道料金半分は徴収できず(01/22)

べテル常用者の口腔ケア商品展開で資金調達(01/22)

外食最大手フィールインター、タイに出店(01/22)

マグウェー管区、カラオケ店の規制を策定へ(01/22)

ヤンゴン市議選、3月31日に実施を発表(01/22)

国軍、アラカン軍への反撃で兵士13人殺害(01/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン