• 印刷する

ウェッジ子会社、自動三輪車に金融サービス

ウェッジホールディングス(東京)は、タイ証券取引所(SET)上場の金融子会社グループ・リース(GL)を通じ、ミャンマーでインドのバジャジ・オート製自動三輪車購入者に対するファイナンスサービスを始める。16日に、ミャンマーの販売代理店と5年間の独占パートナーシップ契約を締結した。

ミャンマー子会社のGL―AMMKが事業を行う。同社は昨年から、ホンダのバイクの総代理店であるNCXミャンマーと提携し、ホンダのバイクに対するファイナンスサービスを実施。さらに、配車アプリサービスの普及とともに地方都市を中心に増えている三輪タクシーの需要を取り込む。

バジャジ・オートは昨年、ミャンマー市場に参入。現在、月間1,000台以上が販売されているという。

GL―AMMKは、ホンダ製バイクの販売代理店などとの提携により保有する114カ所の拠点を、自動三輪車のファイナンスでも生かしていく。


関連国・地域: タイミャンマーインド日本
関連業種: 自動車・二輪車金融

その他記事

すべての文頭を開く

南部メイの電気料金、燃油高で値上げ(20:50)

シンガ企業の投資関心高く 卸売・小売など、向こう2年で(11/20)

鉱物銀行が開業、中小企業向け融資実施へ(11/20)

翡翠業界、中国取引業者の値引きに悲鳴(11/20)

マンダレー、ASENスマート都市網候補に(11/20)

電力省、9管区・州で風力発電の事業化調査(11/20)

観光客減少も、ホテル投資は増加傾向(11/20)

国連、ホテル産業のプラごみ削減で研修実施(11/20)

セメント工場の石炭使用に住民反対、カイン(11/20)

マグウェーの太陽光発電、19年暑期に稼働(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン