• 印刷する

四国電力、タイでEV製造のFOMMに出資

四国電力は19日、タイで電気自動車(EV)の製造を目指すベンチャー企業FOMM(川崎市)の増資を引き受け、同日に3億円を出資したと発表した。FOMMの将来性に期待するとともに、新たなビジネス展開も視野に入れ、出資を決めた。将来的にはEVのカーシェアリングなどのモビリティサービスなどについても検討する。

四国電力によるベンチャー企業への出資は3例目。今後も有望なベンチャー企業への投資を進めていく方針だ。

FOMMは、今回の増資によって資本金が約24億円に増加した。同社は2014年に世界最小クラスの4人乗りEVの開発に成功し、現在はタイで量産計画を進めている。今年9月に東部チョンブリ県のアマタシティーチョンブリ工業団地(旧アマタナコン工業団地)で量産試作車の製造を開始しており、来年2月の量産開始を計画している。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 自動車・二輪車電力・ガス・水道

その他記事

すべての文頭を開く

総選挙実施の勅令発布、3月24日が有力(14:15)

【ASEAN】日本に似てきたタイ市場(01/23)

テイクオフ:分かりそうで分からない…(01/23)

18年の新車販売は103.9万台 5年ぶり大台、19年も百万台予測(01/23)

ブリヂストン、輸出強化で5%増収目標(01/23)

メルセデス、高級クーペのCLSを発表(01/23)

PPP委員会、オレンジライン西部区間承認(01/23)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(351)(01/23)

レムチャバン港入札、公団がTOR修正へ(01/23)

18年の主要6空港利用者、5.5%増の1.4億人(01/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン