サンミゲル、食品株の売却計画を縮小

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、食品・飲料子会社サンミゲル・フード・アンド・ビバレッジ(SMFB)の株式売り出し計画を大幅に縮小すると発表した。当初は国内証券市場で過去最大規模の1,428億ペソ(約3,000億円)の売却を見込んでいたが、最…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 食品・飲料金融


その他記事

すべての文頭を開く

セブンイレブン、1~9月も2桁の増収増益(15:34)

アヤラ、シンガポールの風力発電企業に出資(15:34)

パラワンでも環境改善事業、ボラカイに続き(16:35)

テイクオフ:3年ほど前、北陸新幹線…(11/15)

阪急阪神不動産が住宅事業拡大 中間層取り込み、戸建てに注力(11/15)

サンミゲル決算、全部門好調で2割増益(11/15)

財閥アヤラ、1~9月は3%増益(11/15)

複合AGI、1~9月は2桁の増収増益(11/15)

DMCI、石炭不調響き1~9月は減益(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン