• 印刷する

サムスン電子、スペイン通信分析業者を買収

韓国サムスン電子は17日、スペインの通信ネットワーク分析業者、Zhilabsの株式100%を取得したと発表した。買収額は非公開。シェア拡大を狙う第5世代(5G)移動通信装置に同社の分析技術を連携させる。

Zhilabsは人工知能(AI)を活用して、ネットワークの障害原因を特定し、分析する「根本原因分析」などを手掛ける。これまでに50以上の携帯電話事業者(キャリア)向けにソリューションを供給してきたという。サムスンの傘下に入った後も現経営陣が運営を進める。

サムスンは今年に入り、米大手キャリア2社と5Gの商用サービス向けの通信装置の供給契約を締結。米国と中国の貿易摩擦の影響により、華為技術(ファーウェイ)など中国勢のシェアがサムスン電子に移行している。5G対応の携帯電話機が登場する2019年以降の本格普及に備え、Zhilabsの分析技術を通じ、通信装置の性能を高めて、さらなるシュア拡大を目指す。


関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

給与所得者18年の年収、前年比4.6%増(18:37)

欧州3カ国で5Gローミング、KT(16:37)

ベンツ、輸入車ブランド初のシェア30%超え(16:37)

テイクオフ:留学生でありながら日本…(09/23)

韓国経済、低成長が新常態か 専門家「積極的な財政出動を」(09/23)

韓国自動車部品エスモ、北部に工場を開設(09/23)

19年の成長率2.1%、OECDが下方修正(09/23)

労働時間短縮、中小の4割が「準備不足」(09/23)

浦項と光陽でベンチャーバレー、協議会発足(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン