• 印刷する

サムスン電子、スペイン通信分析業者を買収

韓国サムスン電子は17日、スペインの通信ネットワーク分析業者、Zhilabsの株式100%を取得したと発表した。買収額は非公開。シェア拡大を狙う第5世代(5G)移動通信装置に同社の分析技術を連携させる。

Zhilabsは人工知能(AI)を活用して、ネットワークの障害原因を特定し、分析する「根本原因分析」などを手掛ける。これまでに50以上の携帯電話事業者(キャリア)向けにソリューションを供給してきたという。サムスンの傘下に入った後も現経営陣が運営を進める。

サムスンは今年に入り、米大手キャリア2社と5Gの商用サービス向けの通信装置の供給契約を締結。米国と中国の貿易摩擦の影響により、華為技術(ファーウェイ)など中国勢のシェアがサムスン電子に移行している。5G対応の携帯電話機が登場する2019年以降の本格普及に備え、Zhilabsの分析技術を通じ、通信装置の性能を高めて、さらなるシュア拡大を目指す。


関連国・地域: 韓国欧州
関連業種: IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

リコー、韓国のX線検査装置企業と合弁(17:08)

LG電子、レストラン向けにロボット開発へ(17:08)

SK、中国半導体工場の増設が完了(17:08)

テイクオフ:「ヘウェジックすればい…(04/18)

現代・起亜、中国で挽回探る モーターショーで新車を一挙公開(04/18)

アシアナ売却、産業銀会長「年内に完了」(04/18)

3月輸出額8.2%減、半導体鈍化で=確定値(04/18)

消費傾向、大気汚染の報道量で変化(04/18)

データ改ざん発覚、大気汚染物質の排出濃度(04/18)

若年層向け就職活動支援金、約5万人が申請(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン