• 印刷する

テイクオフ:通りすがりのインド人か…

通りすがりのインド人から「ユーはチャイニーズ?」と声をかけられることが多くなった。当地のスマホ市場では上位5社のうち4社を中国メーカーが占める。事業所が集まるグルガオン周辺では、本国から赴任してきた社員たちがちょっとしたコミュニティーを築いている。

東アジアの外国人をとりあえず中華系と思ってみる、というのは一般的なインド人の感覚なのだろう。反対に、かなりの高確率で国籍を言い当てるのが観光地の商人。こちらを視界に入れたとたん、おみやげ、やすい、と日本語でたたみかけてくる。何語か分かりませんという体で無視し続けても「にせんえん、やすい」。完全に日本人と見切られている。

決め手はどこにあるのか。ある商人は「日本人との違いは、韓国人なら身長と鼻のまわり、中国人なら目と顔の輪郭」と意外にも論理的な見解。第三者の目はいつだって当事者より鋭い。(成)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド国内で都市名を変…(10/22)

FAの協立電機、印で弾み 製造業振興の波に乗り事業拡大へ(10/22)

マヒンドラとフォード、提携で正式契約2件(10/22)

マヒンドラの新MPV、予約が1万台突破(10/22)

NEDO、インドの病院で省エネ実証運転(10/22)

チェンナイで給水業者がスト、産業界に打撃(10/22)

リクルート、印の経費精算ソフト会社に出資(10/22)

インドのIT団体と広島県、協力推進で覚書(10/22)

破綻エッサールの買収、ミタルが一歩前進(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン