• 印刷する

豪ガソリン価格が上昇、年内に2ドル突破も

豪ドル安と国際原油価格の上昇により、オーストラリアのガソリン価格が年内に1リットル当たり2豪ドル(約161円)を上回る可能性が出てきた。ドライバーや企業にとっては年間で総額数百万豪ドルのコスト増になる恐れがある。5日付オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

オーストラリア自由競争・消費者委員会(ACCC)が8月に発表した報告書によれば、シドニーとメルボルン、ブリスベン、アデレード、パースの今年第2四半期(4~6月)のガソリン価格は平均で1リットル当たり約1.45豪ドルと4年来の最高値をつけた。これら5都市のガソリン価格は2013/14年度から16/17年度の間に下落したが、17/18年度は10%上昇しており、このまま値上がりが続けばクリスマス前までに同2豪ドルに達する見通しだ。

ACCCのシムズ委員長は先ごろ、ガソリン価格が1リットル当たり1.9豪ドルに達したことを受け、石油元売り各社に対し、利益を過大に得ていると警告していた。ACCCによると、5都市のガソリン価格は過去16年間の平均を50%上回っているという。

クイーンズランド州に拠点を置くロードサービス会社RACQのターナー氏は、ドライバーらの反発を恐れ、石油元売り各社はレギュラーガソリンについては1リットル2豪ドルを上回る価格を回避するだろうと指摘。ただ、オクタン価98のプレミアムガソリンは年内に2豪ドルに達する可能性があると述べている。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 自動車・二輪車金融天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:快晴だった土曜日に自宅…(12/18)

豪財政、来年度に黒字回復へ 雇用改善で所得税収増加(12/18)

〔政治スポットライト〕野党が優位拡大、政策案で民意割れるも(12/18)

労組合併の無効要請、資源業界団体が敗訴(12/18)

豪3Q雇用、新規半数はギグ労働=ABS(12/18)

SIAエンジ、豪部門を450万豪ドルで売却(12/18)

豪の投資先ランク下落、政策の不透明感受け(12/18)

〔政治スポットライト〕労働党、職場関連や環境政策見直しなど公約(12/18)

豪などのファイブアイズ、華為の排除で協力(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン