• 印刷する

マツキヨ台湾1号店が開業、レジには長蛇の列

ドラッグストア大手、マツモトキヨシホールディングス(HD)の台湾1号店が4日、台北市内にオープンした。訪日旅行を通してマツモトキヨシを知る台湾人も多く、初日から多数の客が来店した。

1号店は台北捷運(台北MRT)の忠孝敦化駅に近い忠考東路に路面店としてオープン。小雨が降る中、初日はレジに長い行列ができるほどの盛況ぶりとなった。来店した客の大半は、以前からマツモトキヨシを知っており、インターネットやテレビのニュースなどを通じて1号店のオープンを知ったという。

商品数は化粧品から医薬品、日用品まで日本の店舗とほぼ同等の1万点弱。台湾にある他のドラッグストアとの違いを尋ねると、多くの客から「商品数」との答えが返ってきた。10代の女性は「他のドラッグストアでは手に入らない商品もある」と指摘。40代の女性は「日本へ旅行に行く友人に医薬品や美容品の買い物をお願いしていたが、今後はその必要がなくなる」と述べた。

また化粧品ブランド「ちふれ」を展開するちふれ化粧品は4日、マツモトキヨシの台湾1号店でスキンケア・メイクアップ商品のセルフ販売を始めると発表した。ちふれは2016年に台湾に進出しており、台湾でさらなる販路拡大を狙う。

多くの客でにぎわうマツモトキヨシ台湾1号店=4日、台北(NNA撮影)

多くの客でにぎわうマツモトキヨシ台湾1号店=4日、台北(NNA撮影)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

PCBの相互が412人解雇、華為影響で(10/23)

新型コロナ感染者、550人に(10/24)

住宅値上がり予想が10年最高 市民調査、取引も旺盛へ(10/23)

テイクオフ:25年前、進学のため北…(10/23)

北部の新築価格が上昇、市場活況で(10/23)

シノプシス、AIチップ実験室の運用を開始(10/23)

バンブー航空、台北路線を再開(10/23)

微星、自律走行ロボットを介護施設に導入(10/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン