ラオス南部の水力発電所、決壊で稼働を延期

タイの発電会社ラチャブリ・エレクトリシティー・ジェネレーティング・ホールディングスのキッチャー最高経営責任者(CEO)は3日、同社が開発に参画しているラオス南部のセピアン・セナムノイ水力発電所の商業運転開始が来年2月から同年末に延期されたと発表した。今年7月23…

関連国・地域: タイラオス
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

AD措置を仮決定、日欧などのステンレス(19:29)

【ポスト軍政】初選挙の若者7百万票の行方 言論の自由や反軍政、24日投票へ(03/22)

2月の自動車生産、3%増の18.3万台(03/22)

【アジア三面記事】金融美女は仕事も別格(03/22)

2月の自動車輸出、2%減の10.1万台(03/22)

自動車・タイヤ試験センター、第2期開発へ(03/22)

2月の輸出額6%増、4カ月ぶり回復(03/22)

2月の産業景況感95.6、2カ月連続上昇(03/22)

タイSCG、衛生陶器COTTOを初投入(03/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン